人生100年時代の新基礎力

契約年齢別の保険料表を見るときに押さえておきたいポイント

保険のパンフレットを手に取ったものの、肝心の保険料表が分かりにくいと感じたことはありませんか。

まなびさん
まなびさん

先日、保険のパンフレットをもらいました。
保険料表の見かたがよく分かりません。

保険料表の基本的な見かたと押さえておきたいポイントについて解説します。

年齢と性別をかけ合わせた保険料を探します

保険料表はタテ軸に「年齢」がとってあり、男女別の表記になっています。

自分の年齢と性別をかけ合わせたマスに記載されている金額が、加入時の保険料になります。

月払い保険料表のサンプル

保険料は自分の年齢を追って探すため、すぐに見つかると思います。

保険料は毎年上がるのですか?

まなびさん
まなびさん

保険料表は年齢ごとに保険料が上がっています。
保険に加入した後、保険料は毎年上がるのでしょうか?

保険料表に記載されている保険料は「加入時の年齢に対する保険料」が表示されています。

自分の年齢が上がるごとに、保険料が毎年値上がるという意味ではありません。

Haniko
Haniko

『〇〇歳の人なら、保険料はこの金額になりますよ』
ということなのです。

同じ保険に加入するなら若い方が保険料は安くなります

保険料表を見るていると、保険加入時の年齢が上がるほど毎月の保険料が高くなるのが分かりますね。


年齢が上がるほど病気になる確率や死亡率が上がるために、保険料もそれに合わせてだんだん高くなるのです。

「保険は若い時に加入するほど保険料が安い」といわれる理由です。

         

満年齢と保険年齢の違いに注意

保険の加入時にポイントとなる「年齢」には、「満年齢」と「保険年齢」という2通りの考え方があるので注意しましょう。

 満年齢

私たちはふだん自分の誕生日を区切りに年齢を考えています。

この年齢の考え方が「満年齢」です。

保険に加入するときも、誕生日の前日までなら現在の年齢に対する保険料が適用になります。


 保険年齢

「保険は誕生日の半年前までに加入しないと保険料が上がる!」と聞いたことはないでしょうか。

この年齢の考え方が「保険年齢」です。

かんたんに説明すると、誕生月(満年齢)から6ヵ月前~誕生月の6ヵ月後の期間の区切りで「年齢」を考えるのです。

まなびさん
まなびさん

私は29歳と10ヵ月です。
誕生月より6ヵ月以上経過しています。
ということは、保険年齢なら30歳の年齢として保険料が計算されるのですね。

日本の大手生命保険会社はもともと保険年齢を採用していましたが、わかりにくさから「満年齢」に変更するところもでてきました。

比較的新しい保険会社は「満年齢」を採用しています。

保険料に対応する保障内容を確認

医療保険などはたくさんの特約があるため、保険料表には基本的な保障に対する保険料のみ表示していることがあります。

どのような保障内容に対しての保険料表なのかは、ぜひ押さえておきましょう。

保障内容に入っていない特約をプラスすると、保険料表記載の保険料に特約保険料がプラスされると考えます。

Haniko
Haniko

最近はインターネットで特約を含む保険料を試算できる保険商品が増えました。

気になる保険があれば、保険会社のホームページから保険料試算を試みるのもひとつの手です!

       

保険期間と保険料払込み期間を確認

保険料表を見るときは「保険期間」と書いてある部分を探しましょう。

保険期間とは、その保険がいつまで継続するのかを示しています。

まなびさん
まなびさん

私が見ている保険料表には「保険期間:終身」とありました。

「保険期間:終身」と記載されていれば、保険は一生涯続くことになります。


次に、「保険料払込期間」と書いてある部分を探してください。

まなびさん
まなびさん

「保険料払込期間:終身」と書いてあります!


まなびさんの検討している保険は「保障は終身(一生涯継続)で保険料も変わらずに終身で支払う」ということになりますね。

更新型の保険の場合

保険料表に「保険期間:10年」との記載があった場合は、その保険は「保険は10年ごとに更新される」タイプだということです。

加入時の保険料は10年間は変わりませんが、10年後の更新時にはその時の年齢で保険料は再計算され、新しい保険料に変わります。

10年後は保険加入者の年齢が上がりますので、保険料も値上がりします。

まなびさん夫婦
まなびさん夫婦

10年後の更新保険料って、どのくらいになるのかわかりますか?

Haniko
Haniko

まなびさんは現在29歳でしたね。

10年後に更新したときの保険料が気になるなら、保険料表から「10年後の39歳の保険料」を確認してください。

この39歳の保険料が、10年先更新したときの保険料の目安になります。

      

まとめ

保険のパンフレットを見て保障内容を読んでいると、最終的には保険料が気になりますね。

保険料表は年齢ごとの保険料一覧があるので一見わかりやすく感じるのですが、確認するポイントを押さえないと勘違いが起こる可能性があります。

【確認するポイント】

✔ 保険料

✔ 保障内容

✔ 保険期間

✔ 保険料払込期間

Haniko
Haniko

保険料一覧のページには、保険料を算出する前提条件(確認するポイント!)が書かれていますので、そこを忘れずに押さえましょう。

       

生命保険の基本のしくみが図解でよくわかる【初心者向】 【2021年がん保険選び】FPや保険のプロが加入しているおすすめのがん保険は?