人生100年時代の新基礎力

これからファイナンシャルプランナーの資格を取りたいと考えている方へ

ファイナンシャルプランナーの資格は、ビジネス資格の中でも認知度が高く資格の取得を目指す人も多いですね。

「お金についての勉強が体系的にできる!」
「資格があると就職活動で有利になりそう!」

資格取得には、このような動機があげられそうです。

そうは言っても、資格の取得にはそれなりの時間と費用もかかるため、少し下調べしたい方もいらっしゃると思います。

Haniko
Haniko

FP資格がどのように役立つか?
1級から3級まである中でどこを目標にすればよいか?
上級を目指していく勉強方法や効率的な受験のしかた。
など、私の経験則を交えてお伝えしますね。

勉強する内容は日常生活に関わることが満載です


ファイナンシャルプランナーの勉強については、あなたが金融機関などに勤めなかったとしても日々の生活で役立つ機会は多いはずです。

例えば、あなたのお給料明細をみてください。
厚生年金・健康保険・所得税・住民税などなど・・・。

昔、学校では教わらなかった用語がたくさんありませんか?
会社員の方だと、納税や年末調整については自分でやらなくて済む場合も多いため、社会保障や税金に無頓着になりがちです。

また、社会人になり自分で収入を得るようになると生命保険や損害保険を検討する機会もあるでしょう。
今ではネット情報や保険ショップを使うことで必要な情報を得られますが、自分でも理解をして保険加入した方が良いでしょう。

毎月もらうお給料の使い方も気になりますね。
手元に入ったお金をどうやって貯金するのがいいのかな?
貯めておくより運用した方がいいと聞いたけれど何から始めればいい?


ファイナンシャルプランナーの勉強が日常生活で活躍する一例をあげてみます。

 社会保障や税金の基本がわかる

 自分の給与明細や確定申告などが理解できる

 保険に関する基礎知識がつき自分に合った保障を選べる

 資産運用や投資について基本に沿った考え方ができる


私たちの日常生活では、お金について考える機会が多いと思いますが、制度や金融知識の基本を知っているだけで自分で判断や選択ができる場面が増えるでしょう。

他の人の意見や営業トークに振り回されることも少なくなるはずです。

Haniko
Haniko

ライフプランの基礎となるお金の勉強が、まんべんなくできるのがファイナンシャルプランナーの勉強の良いところですね。

就職するときに資格があると有利ですか?


あなたが金融機関で仕事をしたいと思っているなら、ファイナンシャルプラ
ンナーの資格を保有していることは評価されることでしょう。

採用する立場からすると、まずは基礎的な金融知識を持っているなら業務についての習得も早いのではという期待があります。

また「根気のいる勉強をして資格を取得した」という好評価もあるでしょう。
入社後の業務にもコツコツと取り組める人である期待感が持たれる可能性もあります。

ただ、企業の採用については基本的に人物ありきでしょうから、資格があることはアピールのひとつだと捉えておいた方がよいでしょう。

Haniko
Haniko

就職活動を念頭にファイナンシャルプランナーの資格を取るなら、国家資格の「2級FP技能士」あるいは民間資格の「AFP」を目指しましょう

受験のステップや合格までにかける時間は?


まずは小さなステップから勉強しよう!ということで「FP技能検定3級」の合格を目指すのも良いですね。

FP技能検定3級


FP資格の入門であり、受験資格もないためチャレンジしたい人は誰でも受験ができます。
初学者の方でもテキストを理解し問題集をこなしてから試験に臨めば、合格率も高いため独学もありだと思います。

参考書コーナーのある本屋さんに行くと、FP3級用のテキストと問題集がセットで並んでいます。

・用語の解説が自分にとってわかりやすく感じること
・テキストのデザインが好みである(図解が多いなど)


気に入ったテキストがあれば書籍を購入して独学を始めても良いと思います。
もし、途中でやめたくなっても費用としては書籍代しかかかっていません。

まずは、この勉強が自分に合うかどうかを試すつもりで始めてもいいですね。

Haniko
Haniko

書籍を購入して独学をする場合は、必ず最新のテキストを購入するようにしましょう。
毎年何らかの法改正等があるためです。
テキストは古本では購入しないようにね。

毎日2~3時間の勉強時間が取れるなら、学習時間は1か月程度かと思います。

FP技能検定2級・AFP


「FP技能検定2級」を目指す場合は受検条件があります。

①3級FP技能検定合格者である
②AFP認定研修の受講修了者である
③FP実務経験が2年以上ある

「実務も未経験だし初学者だけど、ファイナンシャルプランナー2級の資格を早く取得したい!!」

という方は、
「AFP認定研修を受講・修了後、2級学科試験に臨む」
というステップを踏みましょう。

このステップの場合は、ファイナンシャルプランナーの通信講座を受講されることをお勧めします。


「日本FP協会認定講座」と銘打っている講座で基本知識を一通り学びます。
その後、この講座で課題となっている「提案書」を作りこれを提出します。

*「提案書」とは、ここまで学んだ知識を活かして「顧客のためにライフプランを作成し提案する」というものです。
ここまで終了できれば、AFP認定研修を受講・修了ということになります。

さあ「FP技能検定2級」の本試験に臨みましょう!

1年に3度しか受験機会がありませんので、勉強期間と受験日程はある程度スケジュールを立てておきましょう。

Haniko
Haniko

本業がありながら勉強をする場合は、およそ半年くらいの勉強時間を見ておいた方が良いと思います。

FP2級の試験は1年に3回(1月・5月・9月)ですので、受験までのタイムスケジュールも先に立てることをお勧めします。

FP技能検定1級・CFP


この資格はファイナンシャルプランナーの上級レベルのものですので、初学者の方がいきなり目指されるところではないと思います。
上級資格まで取得する場合は、多分金融関連の実務経験がありさらに上を目指すというモチベーションかと思います。

私の場合は、FP2級を取得したときにCFPまで目指すかかなり迷いました。
というのも、CFPまで取得するにはこれまで以上の学習時間を要するので、その時間が取れるかという不安がありました。
一方で、いまFP2級の知識が残っているうちにチャレンジすれば・・・もしかしてCFPも取得できるかな~と欲張りな気持ちも湧いてきたのです(笑)。

結局、受験を決めたのはこれまでの実務経験から「不動産」と「リスクと保険」はこのまま勉強を継続すれば合格できるかもと感じたからです。
全6科目を分けて受験をすることもできるため、得意な科目から時間をかけて勉強し受験することに決めました。

Haniko
Haniko

私はCFPの6科目に合格するまで1年半かかりました。
私の場合は育児の合間に平日3~4時間の学習時間をとっていたと記憶しています。
勉強方法はテキストと問題集での独学です。
過去問題集の反復学習がメインでした。

まとめ


数ある資格の中でも「ファイナンシャルプランナー」は自分の生活にも活かせる部分が多いものだと思います。
専門的な仕事に従事する予定がなくても、お金を中心にした勉強が体系的にできるのでお勧めです。
もし、取り組まれるなら「FP3級」を受験することを目標にして独学から始められても良いと思います。


業界の安定感からだと思いますが、金融関連の仕事に就きたいという方も多いですね。
就職活動の中で、FPの資格の有無だけで入社の判断はないと思っています。
ただ、企業の採用者の気持ちに立てば、複数の良い人物で迷ったときには所有資格も検討の余地になるのではないかと思います。
仕事に資格を活かしたいなら、ぜひFP2級を目指してくださいね。

** FP技能検定1級・CFPの資格まで持っていると金融機関からの評価はかなり高いと感じます。
資格所有者が少ないため、市場での希少価値があると言えます。

アクションプラン

気になった時が、行動の時です!!

初学者の方なら、まずは本屋さんでFP3級のテキストを手に取ってみましょう。
難しく感じないと思います。


なぜなら、そこに書かれている内容は私たちが普段の生活でよく耳にしている単語がたくさん出てくるからです。
少し読み進めると「あ、これってこういうことだったんだ!」など発見すらあると思います。

FPの勉強は、社会人として身近にある制度やお金のことを深く知ることなのです。

金融リテラシーを高めるのに、ちょうどよい機会と捉えてチャレンジしてみてくださいね!